映画 アジャストメント

アジャストメント

映画 アジャストメント

Yahoo映画に掲載されているストーリー紹介分

『マイノリティ・リポート』などの原作者フィリップ・K・ディックの短編小説を、『ボーン』シリーズのマット・デイモン主演で映画化したサスペンスアクション。第三者によって運命を支配された現実を舞台に、巨大な陰謀に立ち向かう男の奮闘を描く。監督は『ボーン・アルティメイタム』などの脚本家ジョージ・ノルフィ。主人公と愛し合うヒロインを『プラダを着た悪魔』のエミリー・ブラントが演じる。独創的かつ衝撃的な設定と予測が困難な展開に注目だ。

 

以下ネタバレもありますのでご注意下さい

映画アジャストメントについて感想と評価を紹介しています。映画アジャストメントは主演マット・デイモンで監督がジョージ・ノルフィの映画になります。

 

全体的に面白くてい良い映画でした。そこそこお金もかけている映画の場合、かなりのずっこけ作品になってしまう可能性がなくはないのですが、これはそんな事はなく楽しめました。人生を予め設定している人間以上の存在が居ると言う、この設定についてどこまで納得をする事が出来るのかによると思います。見た目はどう見ても人間だし、移動方法が普通の人間と違うだけで、走る速度など他の点は全てにおいて人間と一緒、せいぜい物すごく長生きらしい。と言う事以外は。と言う感じですが、この設定を納得して見れば十分に楽しむ事が出来る内容です。アメリカの議員と言うのが、どういった位置づけになっているのかが分かりませんが、上院議員選挙で落ちた後に、民間企業の役員にすんなりと就任できてしまう点は、何だか羨ましいな。と言う気がしましたが、そこは物語で実際はそんな事ないのかもしれません。一番かわいそうなのは、主人公と一緒になる事になる、彼女の元彼氏だと思います。彼は何も悪くないのに、最終的に一番傷ついていると思います。

 

主演

監督

脚本

マット・デイモン

ジョージ・ノルフィ

ジョージ・ノルフィ

その他の出演俳優1

その他の出演俳優2

その他の出演俳優3

エミリー・ブラント

アンソニー・マッキー

ジョン・スラッテリー



超オススメなのがU-NEXT

U-NEXT

楽天オススメ商品

アドセンス広告