映画 クロッシング

クロッシング

映画 クロッシング

DVDの裏面に記載されているストーリー紹介文

ニューヨーク、犯罪多発地区ブルックリンで働く3人の刑事たち。退職目前のベテラン警官エディ(リチャード・ギア)は野心や情熱を抱くことなくひたすら無難に過ごしてきた自身の警官人生に空虚感を感じていた。一方麻薬捜査官のサラ(イーサン・ホーク)は病弱な妻と子供たちに約束した新居の購入のため、金の工面に奔走していたが、麻薬捜査の度に目にする大金を目の前に自らの正義間の間でおおきく揺れていた。そして、危険な潜入捜査官の任に就くタンゴ(ドン・チードル)は、自分の人生を犠牲にせざるを得ない状況に疲弊していく中で、潜入しているギャングのボスの人間味に魅かれ始めていく。決して交わるはずのなかった3人の刑事たち。ある日起きた警官による強盗殺人事件をきっかけにそれぞれの"正義"は思わぬ形で交錯する。3つの不揃いな正義がぶつかった先には、衝撃の結末が待っていた−。

 

以下ネタバレもありますのでご注意下さい

映画『クロッシング』について感想と評価を紹介しています。映画『クロッシング』は主演リチャード・ギアで監督がアントワン・フークアの映画になります。

 

面白いです。3人の刑事の話が続いて、最後に交わると言うストーリーですが、ちょっと見逃してしまったのか、一人だけ繋がりが見えなかったのですが、それを差し引いても、面白い映画でした。

 

退職直前の刑事をリチャード・ギア、潜入捜査を行っている刑事役をドン・チードル、金に苦しみ捜査現場で押収すべきお金を盗もうとする刑事をイーサン・ホークが演じていますが、どの刑事もきちんと役を演じている点も魅力となっています。

 

公開のタイミングとしては、ジョニー・デップのアリス・イン・ワンダーランドと重なった為に、話題はそちらの映画に持っていかれてしまった感がありますが、個人的にはこちらの映画の方が好みのジャンルになります。

 

派手なアクションはありませんが、銃撃のシーンは豊富にある感じです。

 

リチャード・ギアの役回りとしては、退職直前にも関わらず、派手な経歴が一切なく、地味な仕事をずっと続けていましたが、退職した後に誘拐されていた少女を救い出すと言う話でした。ドン・チードルとイーサン・ホークは最後に死にます。イーサン・ホークは、リチャード・ギアが見逃してしまった少年に打たれるて死んでしまうので、この辺りが関係性となっているんだと思います。

 

主演はリチャード・ギアとなっていますが、イーサン・ホークもドン・チードルも十分に主演的な役回りとなっています。

 

クロッシングのサンプルトレイラー

 

主演

監督

脚本

リチャード・ギア

アントワン・フークア

マイケル・C・マーティン

その他の出演俳優1

その他の出演俳優2

その他の出演俳優3

イーサン・ホーク

ドン・チードル

ウェスリー・スナイブス



超オススメなのがU-NEXT

U-NEXT

楽天オススメ商品

アドセンス広告