映画 デッド・インパクト 処刑捜査

デッド・インパクト 処刑捜査

映画 デッド・インパクト 処刑捜査

DVDの裏面に記載されているストーリー紹介文

爆弾魔"ライオン"を3年間追い続けたていた捜査官トムは、ついに彼を包囲したという家に踏み込む。だがそこにいたのは、爆弾を仕掛けられたトムの最愛の妻だった。何の関係もない人々を巻き込み吹き飛ばされるか、妻の胸にある爆弾停止装置を撃つか…。究極の選択を迫るライオンにトムは必死で抵抗する−。そして8年後、トラウマと悔恨から酒に溺れるトムに、ライオンが再び捜査線上に浮上したという情報がもたらされる。捜査に復帰し、再びライオンを追うトムだったが−!

 

以下ネタバレもありますのでご注意下さい

映画『デッド・インパクト 処刑捜査』について感想と評価を紹介しています。映画『デッド・インパクト 処刑捜査』は主演ショーン・パトリック・フラナリーで監督がロバート・カーツマンの映画になります。

 

映画開始後すぐに、上述されている妻を撃ち殺すシーンに入りますが、その後、8年間が経ったのは気が付きませんでした。8年経ってるのに、俳優の顔などに一切変化もないですから。

 

内容としては、掘り出し物として非常に面白い内容となっています。常に爆弾魔のライオンが一手先を打っているので、主人公たちFBIがいつも先手を打たれていて、敵の脅威が良く現れています。

 

何故か途中で女性捜査員と主役のトムが堰を切った様にセックスを始めますが、一体どうしてそうなったのかは、良く分かりません。徐々に包囲網が狭まっている様に見せながら、FBIの捜査官を誘い込みつつ、逆に罠に嵌め込む。と言う具合です。

 

主人公も罠に嵌りますが、元々心中するつもりだった主人公は防弾チョッキに爆弾をしかけていたのですが、それをライオンが知らずに、自分が罠にはめたと思い込み、主人公の防弾チョッキを奪い、それを主人公が脱出後に爆破して終了です。

 

一環して主人公チームが追い込まれながらも、最後の最後で奇跡的な一発で逆転勝ち。見ていてすきっとする内容となっています。

 

主演

監督

脚本

ショーン・パトリック・フラナリー

ロバート・カーツマン

アレクサー・ヴェシャ

その他の出演俳優1

その他の出演俳優2

その他の出演俳優3

ジョー・バントリアーノ

カルメン・セラーノ

グレッグ・セラーノ



超オススメなのがU-NEXT

U-NEXT

楽天オススメ商品

アドセンス広告