映画 グラン・トリノ

グラン・トリノ

映画 グラン・トリノ

DVDの裏面に記載されているストーリー紹介文

妻に先立たれ、一人暮らしの頑固な老人ウオルト。人に心を許さず、無礼な若者たちを罵り、自宅の芝生に一歩でも入ればライフルを突き付ける。そんな彼に、息子たちも寄り付こうとしない。学校にも行かず、仕事もなく、自分の進むべき道が分からない少年タオ。彼には手本となる父親がいない。二人は隣同士だが、挨拶を交わすことすらなかった。ある日、ウオルトが何より大切にしているヴィンテージ・カー<グラン・トリノ>をタオが盗もうとするまでは―。ウオルトがタオの謝罪を受け入れたときから、二人の不思議な関係が始まる。ウオルトから与えられた労働で、男としての自身を得るタオ。タオを一人前にする目標に喜びを見出すウオルト。しかし、タオは愚かな争いから、家族と共に命の危険をさらされる。彼の未来を守る、最後にウオルトがつけた決着とは―?

 

以下ネタバレもありますのでご注意下さい

映画『グラン・トリノ』について感想と評価を紹介しています。映画『グラン・トリノ』は主演クリント・イーストウッドで監督がクリント・イーストウッドの映画になります。

 

個人的には好みの内容ではありませんが、作品としてはある程度綺麗に纏まっている内容だと思います。あまりこういったヒューマンドラマ系の映画は好きにはなれません。

 

頑固老人役を演じているクリント・イーストウッドが、隣の少年タオを助ける為に、タオを引き込もうとしている不良連中に手を切らせる為に、ボコボコにしてしまったせいで、恨みはタオの姉に向けられてしまい、姉がレイプされてしまい、不良たちを一掃する為に、拳銃を持っているふりをして、不良たちの前に現れて、銃で撃ち殺されてしまいますが、丸腰の相手を銃で撃ち殺した事によって、不良たちの実刑判決は確実で、もう当分の間タオには近づけないだろうと言う結末で終わります。

 

一つ気になったのが、タオは少年なのに学校にも行かずとありますが、それって法律的にどうなんだっけかな?と言う点です。日本であれば義務教育と言うのがあるので、違法になってしまいますが、アメリカでは違法にならないんだっけかな?学校には行かせなくても良い。と言う法律はあった気がしますが、その代わりに家庭学習は必須だったという気がします。

 

主演

監督

脚本

クリント・イーストウッド

クリント・イーストウッド

不明

その他の出演俳優1

その他の出演俳優2

その他の出演俳優3

ビー・バン

アニー・ハー

不明



超オススメなのがU-NEXT

U-NEXT

楽天オススメ商品

アドセンス広告