映画 感染列島

感染列島

映画 感染列島

DVDの裏面に記載されているストーリー紹介文

救急救命医・松岡剛(妻夫木聡)のもとに一人の急患が運び込まれてきた。高熱・痙攣・吐血・全身感染とも言える多臓器不全…これらはすべて新型インフルエンザに想定された症状だが、何かが違っていた。この感染症には有効なワクチンが存在しない…。治療法が見つからず、患者は死亡。さらに院内感染によって病院はたちまちパニック状態に陥ってしまった。事態の調査と感染拡大を防ぐため、世界保健機構(WHO)からメディカルオフィサー・小林栄子(檀れい)が派遣されてきた。周囲の反発をものともせず、ウイルス封じ込め対策を指揮していく栄子。以下長いので割愛させていただきます。

 

以下ネタバレもありますのでご注意下さい

映画『感染列島』について感想と評価を紹介しています。映画『感染列島』は主演妻夫木聡で監督が瀬々敬久の映画になります。

 

作品としては、そこそこ高いレベルとなっているので、良い作品だと思います。出演している俳優陣を見ても、みなさん実力派が多く揃っているので、そこも良い要因の一つだと思います。国仲良子と爆笑の田中が夫婦って役が納得いかない点でしたが、これは個人的な思惑も入っていますw新型インフルエンザの指揮を取る人間が自ら現地に行く事なんかあるのかな?と言う疑問点が残りますが。。現に檀れいさんは、最後には感染して死んでしまいます。あんまりハッピーエンド溢れる様な終わり方をしていない映画ですが、そこが全体的な作品を引き締めてくれていると思います。

 

主演

監督

脚本

妻夫木聡

瀬々敬久

瀬々敬久

その他の出演俳優1

その他の出演俳優2

その他の出演俳優3

檀れい

国仲涼子

田中裕二



超オススメなのがU-NEXT

U-NEXT

楽天オススメ商品

アドセンス広告