映画 レバノン

レバノン

映画 レバノン

Yahoo映画に掲載されているストーリー紹介分

これはレバノン戦争の最初の一日を描いた物語である。カメラはある戦車の中から外には出ず、物語は4人の戦車兵と、彼らがスコープ越しに見る外部の光景とで展開される。その光景とは炎上する街。砲撃で四散する、敵や見方の兵士たち。犬の様に殺されていく、女子供や市民たち。安全な戦車内から無残な戦場を見守り続ける4人。優柔不断の指揮官のアシ、反抗的なヘルツル、気が弱く引き金も引けない砲撃手のシムリック、臆病な操縦士のイーガル。やがて対戦車弾の直撃を受け、敵中の孤立した彼らの身にも危機が迫る。発狂しそうな恐怖の中、彼らはなんとか故障した戦車を修理し、この地獄から脱出しようとするが…。

 

以下ネタバレもありますのでご注意下さい

映画レバノンについて感想と評価を紹介しています。映画レバノンは主演ヨアヴ・ドナットで監督がサミュエル・マオズの映画になります。

 

レバノン戦争と言う名称については聞いた事がありますが、細かい事は全く分かりません。実際の戦争にリアルなのもしれませんが、どうなんでしょうか。気が弱くて引き金を引けず、結果として命令違反となり、味方の歩兵が死んでいますが、こんな事を戦場でされたら、歩兵の立場からしたらたまったもんじゃないでしょう。ストーリー自体も視点が戦車からのスコープ画像が中心となるので、非常に地味です。砲撃手から見た戦場と言う意味ではリアルなのかもしれませんが、エンターテイメント性が求められる映画としては、かなりつまらない部類の映画になると思います。全体的に失敗作なんじゃないのかな。と思いきや、ヴェネツィア国際映画際の受賞作らしいです。世界の視点は良く分かりません。

 

レバノンのサンプルトレイラー

 

主演

監督

脚本

ヨアヴ・ドナット

サミュエル・マオズ

サミュエル・マオズ

その他の出演俳優1

その他の出演俳優2

その他の出演俳優3

イタイ・ティラン

オシュリ・コーエン

ミハエル・モショノフ



超オススメなのがU-NEXT

U-NEXT

楽天オススメ商品

アドセンス広告