ザ・パシフィック

ザ・パシフィック

ザ・パシフィック

以下ネタバレもありますのでご注意下さい

アメリカドラマの『ザ・パシフィック』について感想と評価を紹介しています。映画『ザ・パシフィック』は主演エリザ・ドゥシュクで製作総指揮はスティーヴン・スピルバーグのドラマになります。

 

スピルバーグとトムハンクスが制作に関わっていて、製作費も非常に多くの金額が掛っている、おまけに何だかドラマ部門の賞も受賞をしたと言う事で、以前から非常に気になっていました。豪華な制作陣に加えて、個人的に好きな戦争物。特に日本兵と戦った舞台となっているので、なおさら期待感が上がってしまいました。ただし、スピルバーグと言えば、プライベートライアンにある様に、時々、糞みたいな戦争映画も作ってくれるので、糞の方に転がってしまった場合には、単なる戦争ひどい。気が狂うって事が延々と言われる映画になってしまうので、その時には目も当てられなくなってしまいますが、ザ・パシフィックは良い方に転がってくれました。

 

アメリカの戦争映画で、日本兵と闘っている舞台と言うと、とにかく日本兵がキチガイ染みた描かれ方をされるのがデフォみたいな所がありますが、この作品は限りなくリアルな戦争を描こうとしてくれています。良くある紳士な米兵隊vs狂った日本兵と言う構図ではないです。どちらかと言えば、アメリカ兵が人殺しを楽しんでいるシーンが随所に描かれていて、米兵が決して紳士でもなんでもなく、戦争と言う極限の中で人間が垣間見せてしまう、残虐性なども丁寧に描かれています。

 

制作費が約200億円掛ったと言われているだけあって、戦闘シーンも爆発が多く迫力のあるシーンも随所にあります。ストーリーその物は実在した兵士を基にしているので、大きくねじ曲がった感覚もなく、それぞれの人間の中にある葛藤が描かれていますし、中には特に葛藤をしていない人も居ますが、その辺りもまた妙にリアルです。当時、戦争ってのは別段珍しい事でもなんでもないので、確実にこうした戦争と言う場面でも特に何とも思わない兵隊と言うが居たと思いますが、そうした兵隊も描かれています。

 

バックボーンとしては、どうしてもスピルバーグが制作にかかわっているだけあって、戦争の悲惨さをあぶり出そうとしている箇所がちらちらと見える事があるのですが、それを差し引いても十分に楽しめる作品ですし、エンターテイメントとしても十分な重厚さを持った作品です。欲を言えば、日本兵の頭蓋骨を故郷の女性に送って、筆立てに使っちゃう位の残虐性を持った米兵も描いて欲しかったのですが、さすがにそこまではしてくれていませんでした。

 

こういう作品を見ると、日本人としては非常に羨ましい気持ちになってしまいます。アメリカの場合には、こうした形で、当時の戦争と言う物をじっくりと検証してみようと言う気概があり、今作で言えば、イメージしている程米兵ってのは紳士ではないよ。と言う事を表現してくれています。日本の場合、今までのイメージと違う事を表現しようとすると、中国や韓国が言うのはまだしも、国内からも戦争を美化していると言う様な風潮が作られてしまい、日本兵がとにかく悪者でなくてはならず、日本兵以外は可哀そうな被害者であって、善人でなければならず、またアメリカ兵は紳士的であると言う、ステレオタイプの表現以外が描かれていると、たちまち世論を形成されて叩かれてしまい、自由な考察や表現がし辛い環境が今でも根深く存在していて、こうした改めて考察した結果の作品と言うのが作られない状況となっています。

 

『漢たちの大和』にせよ、結局は時代に翻弄されたと言う被害者視点で描かれているので、作品であったり映画と言うエンターテイメントとしては良いと思いますが、ドラマとしてここまでの内容を作り出せる事が出来るかどうかで言えば、疑問が残ります。

 

全10話となっているので、作品の長さとしてはそれほど長くある訳ではありませんが、オープニングの曲から荘厳さが漂う作品となっていて、レベルは非常に高いです。アメリカドラマの中ではプリズンブレイクや24などが大好きですが、長くなってしまっている分、中だるみがどうしても感じてしまいますが、ザ・パシフィックは始めから、全ての設計図が出来ている作品だと思いますので、細部に渡り完成度が非常に高い作品となっています。

 

久しぶりに手放しでここまで絶賛出来る作品と出会う事が出来たと言う感想です。

 

ザ・パシフィックのサンプルトレイラー

 

主演

監督

脚本

ジェームズ・バッジ・デール

ジョン・ハーモン・フェルドマン

ブルース・C・マッケンナ

その他の出演俳優1

その他の出演俳優2

その他の出演俳優3

ジョゼフ・マゼロ

ジョン・セダ

アシュトン・ホームズ



超オススメなのがU-NEXT

U-NEXT

楽天オススメ商品

アドセンス広告