映画 プライドアンドグローリー

プライドアンドグローリー

映画 プライドアンドグローリー

DVDの裏面に記載されているストーリー紹介文

撃たれた警官4名。2名は死亡、残り2名も重体。ニューヨーク市警による麻薬取引の手入れは最悪の結果終わり、レイ・ティアニー刑事が特別捜査班の指揮を命じられる。彼はこの事件に因縁めいたものを感じていた。待ち伏せにあった警官は、彼の兄の部下であり、同僚である義理の弟ともチームを組む機会が多かったのだ。レイが事件を究明するにつれ家族の絆が試され、兄弟の間の溝が深まる。エドワード・ノートン、コリン・ファレル、ジョン・ヴォイト、ノア・エミリッヒ共演によるシビアな現実とタフな選択に向き合う警官一家を描いた、ザラリとした手触りの緊張感みなぎる物語。マンハッタンの北端ワシントン・ハイツが舞台の『プライド&グローリー』が観る者を生々しい現実の世界……そして分断された家の中に、否応なしに引きずり込む。

 

以下ネタバレもありますのでご注意下さい

映画『プライドアンドグローリー』について感想と評価を紹介しています。映画『プライドアンドグローリー』は主演エドワード・ノートンで監督がギャヴィン・オコナーの映画になります。

 

激しい動きのある映画ではありません。ありがちな悪徳警官とそれを追いかけるうちに、何だか良くわからないけど、深みにハマってしまう。と言う、典型的なパターンとも言えるかもしれません。

 

あまり大きな声で言えませんが、パチンコ屋を巡回している警察官と被りましたw世間の中には、パチンコ店を目の敵としている人達が少なからずいますし、震災後には、パチンコ屋をまるで悪人の様に罵っている人を多く見かけましたが、理由としてはそもそもギャンブルは違法だとか、北朝鮮に対して資金を提供しているとか、まー事実の部分も多いと思いますが、そもそもパチンコを許可している現在の司法の問題ですし、送金に関しては税務署が対応をするべきだと個人的には思っていますし、その多くは韓国籍や北朝鮮籍ではなく、日本人ですね。賄賂を貰っていないで、仕事をしろ。って事なんだと思います。

 

話はそれてしまいましたが、映画の内容自体は、動きがなく、ストーリーがメインとなっているので、正直単調さを感じます。もっとはっきりと言えば、そんなに面白くないです。つまらないとは思わないので、点数を付けるとしたら、非常に微妙な点数になると思います。

 

家族内の仕事の不祥事に対して、黙認するのか、告発して戒めるのかに葛藤をする家族。って感じです。

 

プライドアンドグローリーのサンプルトレイラー

 

主演

監督

脚本

エドワード・ノートン

ギャヴィン・オコナー

不明

その他の出演俳優1

その他の出演俳優2

その他の出演俳優3

コリン・ファレル

ジョン・ヴォイト

ノア・エミリッヒ



超オススメなのがU-NEXT

U-NEXT

楽天オススメ商品

アドセンス広告