映画 パブリック・エネミーズ

パブリック・エネミーズ

映画 パブリック・エネミーズ

DVDの裏面に記載されているストーリー紹介文

1933年、アメリカ大恐慌時代、ジョニー・デリンジャー(ジョニー・デップ)は"黄金時代"を謳歌していた。銀行の様な強者から金を奪っても、弱者からは一銭たりとも盗まない独特の美学を貫き通す彼は、大衆のヒーロー的存在となっていた。そんなある日、彼は神秘的な美女ビリー(マリオン・コティヤール)と運命的に出会う。デリンジャーの強引だが誠実な愛にビリーも惹かれ、互いに大切な存在となっていく。その頃、捜査局長官エドガー・フーヴァーは、アメリカ初の"社会の敵No.1"として指名手配。シカゴ支局長に就任した敏腕捜査官メルヴィン・パーヴィス(クリスチャン・ベイル)の操作網が次第にデリンジャーを追い詰めていく…。大衆から熱く支持された実在の犯罪王を描いたアクション大作!その鮮烈な生き様を演じるのは、『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズなどのNo.1スター、ジョニー・デップ。彼を追い詰める捜査官に『ターミネーター4』のクリスチャン・ベイル。デリンジャーとの愛を貫く女性に『エディット・ピアフ〜愛の賛歌〜』でオスカーに輝いたマリオン・コティヤールと、豪華スターの競演も見逃せない。

 

以下ネタバレもありますのでご注意下さい

映画『パブリック・エネミーズ』について感想と評価を紹介しています。映画『パブリック・エネミーズ』は主演ジョニー・デップで監督がマイケル・マンの映画になります。

 

実在にいた人物でデリンジャー銃の名前にもなった犯罪王を描いた作品となっていますが、作品の内容としては良い出来で見終わっても、満足感を得る事が出来る良い作品でした。今のところ、パイレーツ・オブ・カリビアンのシリーズは一つも見ていないのですが、ジョニー・デップはこういった暴力的な役も非常に良く演じてくれるのと、パイレーツ・オブ・カリビアンのシリーズを見ていなのでい、変に先入観も持たないで見る事が出来ました。

 

上述されている様に、他の出演者も非常に実績のある名優が揃っているので、全体的に締まりのある映画となっています。最後にジョニー・デリンジャーの恋人役となるビリー(マリオン・コティヤール)に、デリンジャーからの伝言を伝えるシーンがあるのですが、その言葉が『buy buy black burd』なのですが、言葉の意味が分かりませんでした。

 

パブリック・エネミーズのサンプルトレイラー

 

主演

監督

脚本

ジョニー・デップ

マイケル・マン

ロナン・ベネット

その他の出演俳優1

その他の出演俳優2

その他の出演俳優3

クリスチャン・ベイル

マリオン・コティヤール

ビリー・クラダップ



超オススメなのがU-NEXT

U-NEXT

楽天オススメ商品

アドセンス広告