映画 RED

RED

映画 RED

DVDの裏面に記載されているストーリー紹介文

静かな独身年金生活を送る55歳のフランク(ブルース・ウィルス)は極秘任務専門の元CIAエージェント。しかし、ある晩自宅で謎の暗殺部隊に命を狙われ、全米に散った昔の仲間たちを招集する。老人ホームに暮らす元上司のジョー(モーガン・フリーマン)、80歳。イギリス人元女スパイのヴィクトリア(ヘレン・ミレン)、63歳。かつてのライバルで武器のスペシャリストのマーヴィン(ジョン・マルコヴィッチ)、57歳。実は、彼らは全員CIAから<RED>(超危険な年金生活者)と呼ばれていた。かつて自分たちが仕えていたCIAが抹消しようとする過去のミッションとは一体何なのか?現役復帰した元超一流スパイ集団の<RED>たちが、決死の戦いに挑む!

 

以下ネタバレもありますのでご注意下さい

映画『RED』について感想と評価を紹介しています。映画『RED』は主演ブルース・ウィリスで監督がロベルト・シュヴェンケの映画になります。

 

ざ、ハリウッドと言う感じでした。ブルース・ウィルスを始めとしたベテラン俳優を多く起用して、元CIAなどの特殊工作員と言う設定で、派手な銃撃シーン満載の映画です。突然、主人公宅が説明もなく襲撃をされたり、電話口で話をしていた年金機関の女性も襲われ始めますが、この理由が分かるようになるのは、始まって1時間位掛かります。その為、途中までは何が何だか分からないけど襲われていて、主人公は、その理由を昔の仲間を探しながら理由を探していく形となっています。

 

ありえねーだろ。と言うシーンも多くなっているので、全体的にはシリアスな内容と言うよりも、若干コメディが混ざっている内容と考えても大丈夫だと思います。作品のレベルとしては、楽しめると言う点ではクリアとなっていますが、シナリオ自体は別に唸るほどの内容とはなっていません。悪い言い方で言えば、良くあるハリウッド作品ですが、エンターテイメントとしての映画としては、良いのではないでしょうか。

 

人にオススメする様なクオリティの映画ではないかもしれませんが、見ていて楽しかったので良し。と言う感じです。他の映画としてはジャンルは違いますが、ハンコックの様に、楽しいよ。オススメはしないけどね。と言う感じです。モーガン・フリーマンが本当に途中で死んでしまったのはびっくりでした。ベテラン俳優が多く出ているのですが、超大物俳優と言うのは少ないのかな。もっとストーリーが面白くなっていたら、かなりの傑作になっていたかもしれないです。

 

REDのサンプルトレイラー

 

主演

監督

脚本

モーガン・フリーマン

ロベルト・シュヴェンケ

ジョン・ホーバー

その他の出演俳優1

その他の出演俳優2

その他の出演俳優3

モーガン・フリーマン

ジョン・マルコヴィッチ

ヘレン・ミレン



超オススメなのがU-NEXT

U-NEXT

楽天オススメ商品

アドセンス広告