映画 レポゼッション・メン

レポゼッション・メン

映画 レポゼッション・メン

Yahoo映画に掲載されているストーリー紹介分

人工臓器により長寿が可能になった近未来、高額ローンの返済が滞るとレポ・メンと呼ばれる臓器回収人が強制的に人工臓器を取り立てていた。レミー(ジュード・ロウ)は腕利きのレポ・メンとして恐れられていたが、ある出来事によって人工心臓を埋め込まれてしまう。多額の借金を背負い追われる身になった彼は、謎の女性債務者ベス(アリシー・ブラガ)と出会う。

 

以下ネタバレもありますのでご注意下さい

映画レポゼッション・メンについて感想と評価を紹介しています。映画レポゼッション・メンは主演ジュード・ロウで監督がミゲル・サポチニクの映画になります。

 

日本も徐々にアメリカに近づいているので、あまり他人事には思えませんが、将来的にはアメリカだったらありえそうな設定だと思います。ローンを払えなくなった人に対して臓器の回収を行う。実際にサブプライムローンの破たんした後には、車のローンが払えなくなった人から車を回収する業者が大活躍していたと思いますし、住宅も当然、その対象でした。住宅の場合は、動かす事が出来ないので、粛々と基本的にはおこなわれますが、車の場合は、持ち主が逃げ回って業者が追いかけるシーンなんかもあるみたいです。

 

その臓器版の映画です。対象が臓器なので当然車以上に逃げ回りますが、軍人経験などの屈強な男性が相手なので、たいがいは捕まるのですが、回収中の事故にあって、今度は主人公のジュード・ロウが逃げ回る事になってしまったと言うお話です。事故の原因は機械の故障なのは本人も分かっているし、会社側も認めているのに、臓器代を請求してくる辺りが、理解不能ですが、あんまり突きつめるとおかしな点も多々ありますが、映画なので楽しみましょう。

 

レポゼッション・メンのサンプルトレイラー

 

主演

監督

脚本

ジュード・ロウ

ミゲル・サポチニク

エリック・ガルシア

その他の出演俳優1

その他の出演俳優2

その他の出演俳優3

フォレスト・ウィッテカー

リーヴ・シュレイバー

アリシー・ブラガ



超オススメなのがU-NEXT

U-NEXT

楽天オススメ商品

アドセンス広告