映画 ソーシャル・ネットワーク

ソーシャル・ネットワーク

映画 ソーシャル・ネットワーク

DVDの裏面に記載されているストーリー紹介文

彼はいかにして億万長者になり、5億人の友達を創ったのか?いま最も熱い賞賛を浴びる至高の知的エンターテイメント!!2003年。ハーバード大学に通う19歳の学生マーク・ザッカーバーグは、親友のエドゥアルドとともにある計画を立てる。それは友達を増やすため、大学内の出来事を自由に語りあえるサイトを作ろうというもの。閉ざされた"ハーバード"と言うエリート階級社会で『自分をみくびった女子学生を振り向かせたい』―そんな若者らしい動機から始まった小さな計画は、いつしか彼らを時代の寵児へと押し上げてゆく。若き億万長者は何を手に入れ、そして何を失うのだろうか―?

 

以下ネタバレもありますのでご注意下さい

映画『ソーシャル・ネットワーク』について感想と評価を紹介しています。映画『ソーシャル・ネットワーク』は主演ジェシー・アイゼンバーグで監督がデヴィッド・フィンチャーの映画になります。

 

世界的なソーシャルネットワークとなる、フェイスブックの映画になります。日本では実名制度が嫌われているせいか、フェイスブックよりもミクシーに人気が集まりましたが、電通に広告費を出稿したのか、随分と日本でも登録者数が増えましたが、登録した人は統計的には高学歴で自分のネットワークを増やしたいと考えている、上昇志向の強い人たちが多い気がします。その意味では、映画に出てくるフェイスブックの初期の理念が日本では生きている気がします。

 

映画全体の話としては、非常にテンポ良くストーリーや会話が繰り広げられるので、飽きずに見る事が出来る様になっています。途中でナップスターと言う音楽配信サイトを作った人物も登場してきます。途中で広告を入れる事を掲げるCFO、広告なんて入れるのはクールじゃない。と考える主人公。確かにユーザーの成長段階で広告を入れてしまうと、ユーザーの成長数に歯止めをかけてしまう可能性が出てくるので、主人公の考えが正しかったと思います。

 

自分自身もネット関連の会社で仕事をしている関係もあるので、何となく状況を理解するのに知識面ではありましたが、ここまで有名なサイトの立ち上げに関わった事もありませんし、今の所その予定もないのですが、何だか見ていてテンションの上がる映画でした。

 

映画自体の内容としては、ネット業界について知識や興味もない人にはかなり厳しい内容の様にも思えます。成長段階になって収益化を達成し始めると、それと同時に金によって、それまでの仲間同士に軋轢が生じしてしまう。と言うのはどうしてもある事なのかな、とちょっと寂しさを感じてしまいます。

 

主演

監督

脚本

ジェシー・アイゼンバーグ

デヴィッド・フィンチャー

アーロン・ソーキン

その他の出演俳優1

その他の出演俳優2

その他の出演俳優3

アンドリュー・ガーフィールド

ジャスティン・ティンバーレイク

アーミー・ハマー



超オススメなのがU-NEXT

U-NEXT

楽天オススメ商品

アドセンス広告