映画 サブウェイ123

サブウェイ123

映画 サブウェイ123

DVDの裏面に記載されているストーリー紹介文

ニューヨーク地下鉄、1時23分列車がジャックされた。ライダーと名乗る男(ジョン・トラボルタ)の要求は1,000万ドル。身代金を用意するのはニューヨーク市長、人質は19名。残された時間は59分間。交渉相手に地下鉄職員ガーバー(デンゼル・ワシントン)を指名…。犯人が仕組んだ完璧なシナリオ通りに[事件]が動き始めるが−!?74年の傑作サスペンス『サブウェイ パニック』をトニー・スコット監督がスタイリッシュに映像化。

 

以下ネタバレもありますのでご注意下さい

映画『サブウェイ123』について感想と評価を紹介しています。映画『サブウェイ123』は主演デンゼル・ワシントンで監督がトニー・スコットの映画になります。

 

デンゼル・ワシントンとジョン・トラボルタと言う二人の名俳優が迫真の演技で、なかなか魅せてくれる作品となっています。

 

動き自体は列車にいる時間と管制室での時間が大半なので、動きとしては多くはありませんが、緊迫感したシーンが適度に挿入されているので、つまらなくて飽きると言う事もないと思います。

 

基本的には前半部分は、電車をジャックした犯人の狙いは何かと言う心理的な部分の探りあいで、後半は犯人の逃走を追い詰めるちょっとしたアクションとなっています。

 

全体的に面白い作品となっているのですが、作品の知名度としては超大作とまでは行ってはいないと思うので、見たことがない人も多い作品だと思いますが、そこそこのオススメ作品だと思います。

 

サブウェイ123のサンプルトレイラー

 

主演

監督

脚本

デンゼル・ワシントン

トニー・スコット

ブライアン・ヘルゲランド

その他の出演俳優1

その他の出演俳優2

その他の出演俳優3

ジョン・トラボルタ

ジョン・タトゥーロ

ルイス・ガスマン



超オススメなのがU-NEXT

U-NEXT

楽天オススメ商品

アドセンス広告