映画 わが教え子、ヒトラー

わが教え子、ヒトラー

映画 わが教え子、ヒトラー

DVDの裏面に記載されているストーリー紹介文

1944年12月、連合軍の攻勢の前に国家存亡の危機にさらされたナチス・ドイツ。宣伝相のゲッベルスは、新年1月1日にヒトラー総統の大演説によって国民の戦意を劇的に高揚させる起死回生策を思いつくが、肝心のヒトラーは自信を喪失し、引きこもり状態。そこで、彼に全盛期のカリスマ性を取り戻させる困難な任務を託されたのは、かつての名優で、今は強制収容所にいるユダヤ人教授だった…。類い稀な演説の才能で民衆の心を掴んだ独裁者ヒトラーに、実は演説を指導した"教師"がいた…。そしてヒトラーは第二次世界大戦末期に心身を病み、精神的に不安定だった…。そんな驚くべき史実をもとに、ユダヤ人のダニー・レヴィ監督は、ヒトラーの再生を命じられた"教師"をユダヤ人に設定。大胆なアプローチで、人間ヒトラーの真実と歴史の本質に迫った、スリリングなブラックユーモアたっぷりのヒューマンドラマ。主人公のユダヤ人教授を演じるのは、『善き人のためのソナタ』で絶賛を浴びた名優ウルリッヒ・ミューエ。惜しくもこれが遺作となった、彼の入魂の名演技は必見。

 

以下ネタバレもありますのでご注意下さい

映画『わが教え子、ヒトラー』について感想と評価を紹介しています。映画『わが教え子、ヒトラー』は主演ウルリッヒ・ミューエで監督がダニー・レヴィの映画になります。

 

コミカルでテンポ良くストーリーが流れているので、退屈する事はほとんど無いと思います。権力の頂点に立っている男の孤独感がヒトラーを通じて、良く描かれている点も非常に良いと思います。引きこもりになったヒトラーはベルリンが焦土と化しているのすら知らない有様ですが、側近も誰もその事を教えてくれない感じで、それがさらに孤独感を浮き上がらせる形となっています。

 

扱っているテーマや舞台から考えて、笑っても良いのかどうかをちょっと悩んだりしますが、作品を通してユーモアが溢れていて、笑える箇所も多数あります。どこまでが本当の話なのか、その辺りの境界線が分かりませんが、エンターテイメントとしての完成度としては結構高いレベルとなっていると思います。舞台設定等の関係で楽しめる人や楽しめない人など、それぞれ出るとは思いますが。

 

ヒトラーの演技指導など、脚色している部分も多くなっていると思います。監督がユダヤ人という事で、ヒトラーの恨み辛みの部分もたぶんにあると思いますので、判断が難しいと思いますが、まー半分以上は嘘だと思います。淡々とヒトラーの真実に迫ろうとしている作品自体が中々なく、扱い方次第では、バッシングの嵐になりかねないタブーの領域にもなっていると思いますので、冷静に淡々と言う作品は、まだまだ当分出ないのかな。と思います。

 

わが教え子、ヒトラーのサンプルトレイラー

 

主演

監督

脚本

ウルリッヒ・ミューエ

ダニー・レヴィ

ダニー・レヴィ

その他の出演俳優1

その他の出演俳優2

その他の出演俳優3

ヘルゲ・シュナイダー

シルヴェスター・グロート

アドリアーナ・アルタラス



超オススメなのがU-NEXT

U-NEXT

楽天オススメ商品

アドセンス広告